本を読む理由
本をのんびり読むのは好きです。
それはたくさんのものを与えてくれるし、良いように考えられるように
心をなだめるためかな?。

故事や慣用句も目を通します。
返事なく心揺れている時には、「便りがないのは良い知らせ」
リハビリに励む時も「塞翁が馬」

読書や学ぶ事が自己顕示に映ってしまってる事もあるかもしれません。
でも、本当におすすめです。

ソーシャルメディアで嘆く前に、手に取った本の内容に耳を傾けると、
心なだめてくれる事もあるんじゃないかな?、と。生意気ですが。

厳しい事を言われて意気消沈しても、自分だけの気分に惑わされず、
何か意味があるのでは?と思えば、その人への考え方も変わるし。

僕らはその時の気分で発言が変わる事もあるけど、本は不変だし。
まさか、次の日ページを開くと、「トンネルを抜けるとそこは南国〜」
って事にはならない笑

よく、分かんなくなってきたけど、
平たく言えば、人を理解して気持ちを汲めるようにかな?
僕は賢くもなく、未熟者なのでもっと磨かないと!

シリアスになり過ぎないように頑張りますっ!




- - -
<< NEW | TOP | OLD>>